保険の事を知りたければサイトを利用

健康保険の傷病手当を利用して生活をする

仕事をすれば収入が得られます。仕事をしていなければ得られません。自営業であれば、それを痛感するでしょう。自分で店などを経営しているのですから、休んで店が開けられなければ収入は入ってきません。家賃などがどんどん発生してしまうだけになります。もしその収入で生活しているのであれば、収入がなくなるので生活が難しくなってしまいます。貯金などを利用しなければならなくなります。貯金も無限にあるわけではありません。

それが、会社員になると様子が変わります。まずは有給休暇があります。有給で休暇を取れるようになっています。最長で40日取れることもありますから、病気などで働けない時も、それを使えば収入を得ることができます。有給休暇がなくなると収入がなくなるかですが、そうでもありません。会社からの給料がなくなったときに健康保険を利用することで収入の代わりを得ることができるようになっているのです。どのようなものになるのでしょうか。

それは傷病手当と呼ばれるものです。病気で働けなくなったとき、会社から給料を得ていないのを条件として、給付が受けられるものです。どれくらいの金額かですが、平均賃金の6割程度とされています。普段30万円ぐらいもらっている人なら、18万円ぐらいになるようです。仕事をしなくてもこのようにして収入が得られることになるのです。申請に関しては、自分で行うこともありますが、多くは会社にしてもらうことになるでしょう。

Copyright 2018 保険の事を知りたければサイトを利用 All Rights Reserved.