保険の事を知りたければサイトを利用

1箇月の療養費が多くなったら健康保険の高額療養費を利用

病気などによっては、治療費が高額になるものがあります。高額なものといいますと自由診療のものと思いがちですが、そうでないものでもかなり高額な場合があります。もし治療費に数十万円もかかるとなると、かなり負担も大きくなってしまいます。治療費自体を支払うことが困難になってしまうのです。その場合においては、どうしようもすることがないわけではなく、一定の手続きを取ることで負担を減らすことができるとされています。

もし、1箇月において、治療費が多くなった場合には、健康保険の高額療養費制度を利用します。これは、1箇月に支払った治療費が一定額以上になったとき、それを超える分について、後で給付してもらえるものになります。上限は10万円以下です。50万円かかったとしても、10万円ぐらいになるので、残りの40万円が後で返金されます。一時的には50万円を支払わなくてはいけませんが、後で戻ってくるのですから出入りは同じです。

この制度の問題としては、自動的に行なってくれるものではないことです。知らなかったら、50万円を支払ったままで終わることがあります。お金があるならそれでも良いですが、ぎりぎりの生活をしているのにそれではやっていけません。病院によっては、金額が高くなりそうなときには、こういう制度があることを教えてくれることがあります。担当の社労士が相談に乗ってくれることもありますから、遠慮なく聞いてみましょう、申請方法も聞けます。

Copyright 2018 保険の事を知りたければサイトを利用 All Rights Reserved.