保険の事を知りたければサイトを利用

公の制度である社会保障の保険を利用しましょう

以前、お金に関する知識を書いた本を読みました。それによると自営業の方が保険に入ろうとした場合、必要以上にたくさんの保険に入りすぎてしまうということでした。実際自営業の方は何の保障もないし、病気になった時や老後のためにと思って多くの保険に入る傾向があるようです。

自営業の方や主婦などで自分は何の保険にも入っていないから不安だと思ってる人も多いです。しかし、自営業の方や主婦の方など意識していませんが、国の公の保険には入っているのです。まず、自営業の方でも国民年金に加入していれば、老後や障害を負った時の年金を国が保障してくれます。ちなみに国内に住所のある20歳以上60歳未満の方で、第2号、第3号被保険者に該当しなければ国民年金加入は義務付けられています。

そして、先ほど述べた第2号というのは会社に勤めている人で厚生年金に加入してる人、第3号というのはその配偶者ということです。主婦はこの第3号に当たる人が多いのです。第3号の主婦も国民年金に加入しています。そして、自営業の方は公の制度として国民健康保険にも加入しています。自分は何の保険にも入っていないから何かの保険に入ろうとした場合、国民健康保険で足りない部分だけの保険に加入すればいいわけです。今改正されようとしていますが、高額療養費の制度もあるので、国の公的な制度だけで医療費は結構な額をまかなえると思います。公的な保険である国民年金と国民健康保険とを上手に利用して必要以上に保険に入りすぎないようにするとその分節約できていいと思います。

Copyright 2018 保険の事を知りたければサイトを利用 All Rights Reserved.